キックで大切なことは、ボールにキックのパワーを伝えるために、バックスイングを大きくとることです。

プロになると小さなスイングで強いボールを蹴ることができますが、それは、全身のコアマッスルが鍛えられているからです。

小学生や中学生の場合は、自分で「大げさかな」と思うぐらい足を後ろに振り上げてみましょう。

意外と思ったほど上がっていません。
他人に見てもらうと良くわかります。

大きいスイングでボールを正確にとらえられれば、小さいスイングではさらに正確になります。
足を正確にボールに当てることが、ボールを正確に蹴るコツです。

写真を使って説明します。
もっと振り上げてもいいですね

ミートの瞬間 4号球だと足の甲の真ん中でミートする感じになります