サッカーでは、相手ゴールを背にしてボールを受ける場面が多いと言えます。

ゴールキーパーだけは常に相手ゴールにむかっていますが、フィールドプレーヤーは、自軍からのボールを受けるときは、攻撃方向に背を向ける場面になりがちです。

後ろからのボールを受けるときに、前を向く意識をしっかり持つこと
真後ろに向く時も、いったん、後ろを見ておいて、どちらに運びだせばよいのか判断することが必要です。

まず、簡単なトレーニングから紹介します。

仲間からボールを受けて、いろいろなところを使って前を向きます。
この時、タッチ数をなるべく少なくします。2タッチ目でパスが理想です。