少年サッカー8の字ドリブルドリルのコツ

スポンサーリンク

コーンを2本並べて、8の字ドリブル練習。このようなドリルは誰でもどこでも出来る練習です。

このような基本練習でも毎日行っていくと、差がでるポイントがあります。

8の字ドリブルドリルのポイントは、大きく2つあります。

スポンサーリンク

コーンからコーンへの大きな移動

コーンをまわってから、次のコーンへの移動のドリブルでは次の方法があります。

次のコーンのそばにワンタッチでボールを蹴りだし、追いついてコーンを回る方法。

ランウィズザボールの練習を意識するなら、コーンの間を離すことによって、このような練習方法があります。

 

もうひとつは、コーンからコーンの移動の際、ボールと体が一体になって移動する方法。

コーンとコーンの間隔をやや短めにして、ボールを押しながら次のコーンまで進むという方法です。

ドリブルは小さなトラップであり、小さなキックとも言えますがボールを足で押しながら引きずるような運び方でドリブルします。

 

 

次のコーンを目指す前のタッチでは、必ず顔を上げてコーンを確認する癖をつけましょう。

コーンを素早く回る

コーンを回る際は、小さなタッチ、細かいタッチで素早く回ります。

次のコーンに向かう事を目的としたボール扱いを意識して、まわります。

細かいタッチなので、下を向きがちですが、次のコーンに向かう前にはしっかり顔を上げましょう。

ボールタッチの回数を増やすためには、コーンを四角く回るのではなく、多角形で回ります。

上の図では3回のタッチですが、コーンの一番奥深いところでターンするまでに2タッチを加えると5タッチ出来ることになります。

大きく回るのではなく、小さく回りながらタッチを増やすというイメージです。

大きく円を描くようなドリブルも効果がありますが、また別の記事で紹介します。

 

止める運ぶのお手本は風間八宏氏のDVDがコスパいいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました