サッカーはステップワークに始まってステップワークに終わると言ってもいいほど
縦横無尽なステップワークが必要になります。

直線ダッシュからのバッククロスステップなど、ステップの切り替えは
サッカーの動きでよく見られる動きですが、練習方法がわからないという声を聞きました。

そこで、手に入りやすい書籍でフィジカルトレーニングを学びましょう。

サッカー小中高生のためのフィジカルトレーニング

このメニューは書籍「サッカー小中高生のためのフィジカルトレーニング( 山本晃永 )」で紹介されているものです。ステップワークのバリエーションとして紹介しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッカー中高生のためのフィジカル・トレーニング [ 山本晃永 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/5/25時点)

楽天で購入

 

この本は中高となっていますが、小中高バージョンは現在販売されていないようです。

でもこちらから中古で入手できます。
>>サッカー小中高生のためのフィジカル・トレーニング(中古)[楽天]

目標は「バッククロスステップ」を身につけること

バッククロスステップを身につけることを目標にトレーニングして欲しいですね。

マーカーを回る時は、必ず外側を回ること。こういう部分は習慣にしましょう。

↓ 図解です。クリックすると拡大します。

step50

①AからBへダッシュ

②BからCへバッククロスステップ。Eのマーカー方向を見ながらクロスステップ。左足が前になります。

③CからAへサイドステップ

④AからBへダッシュ

⑤BからDへバッククロスステップ。こんどは右足が前になります。

⑥DからAへサイドステップ

⑦AからBへダッシュ

⑧BからAへバック走(バックペダル)ステップしないで、後走り

⑨最後はAからEへ向けてダッシュして駆け抜ける

心肺機能アップにも役立つトレーニング

①から⑨までのダッシュ&ステップを行います。

この距離を合計すると50mになります。

これを2本続けると息が上がるでしょう。

寒い時期にはウォーミングアップ代わりになります。
狭い場所でも心拍数が上がるので心肺機能向上に役立ちます。

タイムを計って競争すること(タイムアップ)することや、
1分間に何回回れるかを競うこと。

いろいろと工夫しても面白いです。

中学生は、この1.5倍ぐらいの距離まで伸ばして行なうと、体格や体力に合わせた
心肺機能のアップも期待できます。

スポンサードリンク