ドリブルする相手と並走してコースを限定する練習をしましたが、
次は正面の相手にアプローチしてコースを相手をおくらせる(遅らせる)
練習をします。
デフェンダーからボールをいれてもよいですが、ここでは、親かコーチがボールを
オフェンスに入れます。
ボールが動いている瞬間にデフェンスは寄せます。
相手と距離をたもったまま、コースを限定します。
1対1で取りに行く練習ではなく、相手の行きたい方向を限定させる練習です。
遅らせている間に仲間がカバーリングに戻ってきてくれます。