少年サッカーのコーディネーショントレーニング【定位トレーニングその1】タイミングよくボールコントロールする

スポンサーリンク

少年サッカーのトレーニングはボールを使ったトレーニングばかりではありません。

ボールを使わずに体の動かし方をトレーニングすると、サッカーの連携プレーなどボールを使ったスキルが向上するということがわかっています。

サッカーのコーディネーショントレーニングを紹介します。

まずはこちらのメニューから。

スポンサーリンク

定位トレーニング

定位とは、選手、ボールの位置関係ですが、選手側には味方と相手が存在します。

また、ボールは止まった状態ではなく、あるスピードで移動します。

(1)選手とボール

(2)選手と味方とボール

(3)選手と味方とボールと相手

単なるパス練習ではなく、味方の動きを見て、パスが出るタイミングをはかり
ボールを受ける場所に素早く移動して、正確にコントロールするというメニューです。

見て判断して、スプリントしてボールタッチという流れですが
判断のスピード、スプリントのスピード、ボールコントロールの正確さのどれが
欠けても成功しません。

実戦では、これに相手(ディフェンダー)がつきます。
ディフェンダーを振りきって、スペースに入ってボールをコントロールするという
イメージのコーディネーショントレーニングです。

実際の試合から抜き出したこのようなメニューでトレーニングすることで、見る、判断する、動く、ボールコントロールというそれぞれの能力が高まるという仕組みです。

脳と筋肉を刺激するコーディネーショントレーニンですが、サッカーでの動きを明確に
取り入れることで、モチベーションもアップすることでしょう。

定位トレーニングの動画

コーディネーショントレーニングの第一人者である喜熨斗コーチの声もよく聞いて下さい。

動きのポイントを説明しています。

定位トレーニングその1

図解です(管理人作成)

定位トレーニング

定位トレーニング

 

線上でボールと出会うという「タイミング」を身につけることが大事です。

親子でもできるトレーニングです。

 

その他のコーディネーショントレーニング記事はこちらから。

変換トレーニングその1【ステップを正確に踏む】コーディネーショントレーニング
トルテキというデフェンス強化テキストを配布していますが ドリブルへの対応方法に悩んでいるサッカー少年が多いようです。 デフェンス能力のアップに効果がある、サッカーのコーディネーショントレーニングを紹介します。 今回は、変換トレ...

 

このブログの人気記事はこちらから。

6年生で選抜(トレセン)に選ばれたいとお考えですか?選考基準は何?
【サッカーのポジショニング】動き方が分からない時には「スペース」を埋める動きをしよう
ステップワークのトレーニング50mステップ【フィジカル&心肺機能向上】
【少年サッカーのポジション】センターハーフの動きを考える
【少年サッカー】守備の基本「アプローチ」をしっかり身につけよう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました