サッカーのゲームでは、曲線的に走る場面というものは
少ないものです。
少年サッカーや、大人のサッカーでも、急激なターンをしようとしても
鋭角にならずに、曲線的なターンになってしまうケースがありますね。
こんなケースです。

曲線ステップ

マーカーに対して、曲線的なターンはトレーニング効果が薄いですね。
これは、トップスピードで回ろうとすることが原因のひとつと言えます。
最初のマーカーまでは、ゆっくり。マーカーの手前で反対方向へ急激にダッシュする。
そして、次のマーカーでストップしつつ、完全にとまらないで、反対方向へゆっくりとステップします。
動画で説明します。

アジリティトレーニング、スピードトレーニング、コーディネーショントレーニングを
高めて、「センスのいい選手」を目指す、センスを磨く!

サッカー選手/フットサル選手のためのSPEED・AGILITY・ COORDINATION トレーニング
販売完了です。2019年8月時点。