浮き玉をトラップできる体勢で、そのボールを地面にバウンドした瞬間にインサイドに当てて思ったところへキックするという技術です。

ハーフボレーをするボールの角度をしっかり見て、ボレーキックよりもワンテンポ遅れてインサイドに当てます。
インサイドで面を作ることが重要です。

インサイドの角度で、ライナー性、浮き玉、グラウンダーと蹴り分けられるようにトレーニングしましょう。

↓図解です(クリックすると拡大します)