ボールをワンタッチでパス、クサビパスを受ける。このようなプレーをする場所は相手ゴール前のバイタルエリア、つまり、ハーフウェイラインから、ペナルティエリアまでの間のエリアでゴールに近い部分でのプレーが多くなります。

このエリアはデフェンスや守備的ハーフがしっかり守るので、マークがきつくなります。
そのプレッシャーの中でボールをコントロールするためには相手をガードする必要があります。

ガードする方法としては、腕を広げてプレーエリアを確保する方法があります。

そして、相手に体をぶつけてからボールを迎えに行くという方法で、ボールをコントロールするスペースを確保することができます。

相手を押すことになりますが、手の平で押せばプッシングのファウルになってしまいます。
肩を使って押すことは認められますが、この時、肘を上げるようにしてみましょう。

肩から肘の部分は比較的力が入りやすいですよ。
さらに、手の平は下に向けて、相手の方向を向けます。

↓図解です(クリックすると拡大します)