ペナルティエリアでの選択肢はシュートですね。

シュートするまでに動いてボールを受けること、シュートしたあともGKのファンブルやデフェンスのブロックに備えて、動きを止めない、集中して俊敏な動きを行う。

実戦に近いトレーニングなので家庭では無理かも知れませんが、親子と友達でグランドを使用して練習が出来ます。

↓図解です(クリックすると拡大します)

AはボールをBにパスしたら、すばやくコーンをステップで抜けます。

Aがボールを受けてシュートしたら、Cはシュートしやすいボールを出します。
Aはボールをワンタッチでシュートします。

最初のシュートでバランスを崩すと次のシュートが打てません。

Cは、Aの前にボールを出してあげます。
Bは、Aがコーンを抜けた瞬間を狙ってタイミングよくパスを出します。パスが先です。