大繩とびをやったことのある人は多いでしょう。
どうですか。一人でやる縄跳びとは勝手が違いますね。

縄の回転を見て、飛びこむタイミングをはかって、ジャンプする。
足をひっかけない方法はジャンプ力でなく、縄を見ることですよね。

サッカーではコーディネーショントレーニングとしてこの大繩とびが大変有効です。

(1)大繩とびの中に入って飛ぶ方法
(2)大繩とびを駆け抜ける方法

があります。

中に入って飛ぶ時に、ボールを持って入ってみましょう。
ジャンプするごとに右手から左手、前から後ろにボールを持ちかえる事にトライしてみてください。

簡単と思える大繩とびも難しくなりますね。

↓図解です(クリックすると拡大します)

駆け抜ける時は、往復ダッシュでやってみましょう。何本できるかな?