大きめのファーストタッチができるようになったら、小さめのファーストタッチの練習をしましょう。
小さめといっても、足下でのコントロールだけでなく、相手1人分ずれればよいところです。

大きくファーストタッチをする事と小さめのファーストタッチをする事の両方ができるようになると、相手の場所やスペースの大きさに合わせてファーストタッチをすることができます。

ボールタッチの加減で調節するとともに、ボールと一緒に体を移動するステップや動きのトレーニングにもなります。

2タッチめでパスを返しますが、パスをするときは、大きめ、小さめのファーストタッチともにボールの横に軸足をしっかりおいて、つま先をパスをする方向へ向くようにします。

グリッドは2mぐらいにします。
ファーストタッチの距離は1mから2m以内になります。

大きめのドリブルのようなイメージとも言えますね。

↓図解です(クリックすると拡大します)

この練習をするときは、足踏みをしてボールを待つようにします。

また、グリッドの外から入り、グリッド内でボールにちょうど出会うようにすることも練習のバリエーションに加えてくださいね。