女子サッカーの底辺を作って来た国井誠一氏のユニークな理論のひとつとして、左右にボールをずらして、縦に抜くという技術があります。

またの下で左右にボールをコントロールする技術は珍しいものではありませんが、国井氏は、この方法がもっとも手っ取り早く前で出る事が出来ると語ります。

つまり、目の前の相手が邪魔なワケで、さっとどいてもらって自分が前に出る方法として、この2タッチからのスピードアップというテクを練習しています。


この練習のポイントは、2タッチのタッチの質もさることながら、すれ違い様に重心を前にかけてダッシュするタイミングが大切だと思います。

国井氏は、肩が相手より低ければまず確実に抜けると行っていますが、つまり、加速姿勢になることと、相手の上半身で妨害されない姿勢を取る事が大切という意味です。

左右のタッチから急加速は、ボディバランスがよくないと、出来ません。

スピードアップが遅れると、相手に反転されてボールに触られてしまいます。

このような練習、詳しくはこちらです。