アジリティ

スポンサーリンク
アジリティ

前後左右にステップ・ステップ

親子で出来る練習です。 楽しみながらやってみましょう。 黒はお父さん、青がお子さん。 左右の距離は2m程度にしましょう。 1 キャッチボールから まず、キャッチボールしましょう。 お父さんから、バスケットのチェス...
アジリティ

冬のトレーニングで素早い動き作りを取り入れよう

サッカーでは、敏捷性が必要と言われますがいろいろな練習方法があります。 ラダートレーニングでフォームを作るということもよいでしょう。 オニごっこもよいトレーニングです。 特に小学生の低学年ではオニごっこでステップワークから、負けず...
アジリティ

アプローチの基本は「止まること」止まった後にすぐ動けることが大事

サッカーには、アプローチという守備の技術があります。 技術と言っても、走って止まるだけなので、軽視されがちですが、このアプローチをしっかりと身につけているかどうか、上達の決め手になります。 素早く寄せて、いったん止まる。 止ま...
アジリティ

よい視野とプレーエリアのためのバックステップ

サッカーの試合でよくある場面ですが、パスが後方にそれた時に、癖でボールの方向に向かって走ってしまうことがあります。 ここで、次のプレーを考えてトラップするためにはボールとパス方向をみながら、まっすぐバックステップすることがポイントです...
アジリティ

ラダートレーニングでステップワークを磨く

サッカーではボールを扱うボールタッチがとても重要です。 ボールタッチをよくするためには、実はステップワークがとても 大切なのです。 ラダートレーニングというと、速く走るフォームを作るという イメージがあります。 でも、ラダートレー...
アジリティ

【聖和学園女子サッカー練習方法】2タッチからスピードアップ

女子サッカーの底辺を作って来た国井誠一氏のユニークな理論のひとつとして、左右にボールをずらして、縦に抜くという技術があります。 またの下で左右にボールをコントロールする技術は珍しいものではありませんが、国井氏は、この方法がもっとも手っ...
アジリティ

相手の前に出てジャンプヘッド

ジュニアサッカーではヘディングの練習に多くの時間をさくことは ありません。 それは、発育発達途上なので、頭部への衝撃を避けるという 意味があります。 でも、サッカーの試合では、空中にあるボールを相手よりも先に 触る必要があります。...
アジリティ

ゴールキーパーサーキットトレーニング

ゴールキーパーはステップワーク、ジャンプ、スプリント、セービング、そして足技と総合的なフィジカルトレーニングが 必要になります。 このメニューを参考に、ステップ、ジャンプ、ダッシュそして、セービングを組み合わせてオリジナルトレーニン...
アジリティ

右足で取らない左足で取る【ボールに触れても奪えない選手の悩み解決!】

ボールを奪う時は、利き足でボールを突く場面が多いものです。こうして、インサイドで止める場面をよく見ます。 相手が持っているボールを突つくチャンスがあったらボールはどこへ転がりますか? 相手の後ろへ転がりますよね。 素早...
アジリティ

ステップワークは鋭角にターンしよう

サッカーのゲームでは、曲線的に走る場面というものは 少ないものです。 少年サッカーや、大人のサッカーでも、急激なターンをしようとしても 鋭角にならずに、曲線的なターンになってしまうケースがありますね。 こんなケースです。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました