サッカーではボールを持つと相手が寄ってきますね。
プレッシャーをかけて奪いにくるのですが、それをかわす方法として相手との距離をとる。

つまりトラップの瞬間に自分が触れるけれど、相手が触れない距離にボールを置く。
そして、自分の位置も移動する。相手が寄ってくるのであれば、ちょっと後に
下がってみる。

下がってボールを受けるという事にトライしてみましょう。
こういうプレーをしようとしたとき

kyori01
相手が寄ってきて、近すぎる状態でパスやドリブルをしようとするとこうなります。

kyori02

敵を見ながら、トラップの瞬間に相手に奪われないところにボールを置けばパスやドリブルの可能性が大きくなります。

 

kyori03

風間八宏氏がこのプレーについて、本やDVDで詳しく説明していますので参考にしてください。

 

「1対21」のサッカー原論

「1対21」のサッカー原論


 
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.1

風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.1


 
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.2

風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.2