前へのパス攻撃は突破を狙うパスです。

優先順位の第2番目は相手デフェンスの裏にスペースが無い、引いている場合です。

味方と相手マークの間にスペースがあるときは、味方の足にボールを出しますが、ゴールに近い方の足をねらって出します。

ゴールに近い方の足で受けると視野がゴール方向へ向き、ゴールを狙いやすくなります。

足もとへの強く、タイミングのよいパスを出す事、受ける方は止まって受けない事です。


スポンサードリンク