浮き玉を無理にヘディングで跳ね返すだけでなく、インサイドを使ってボールを思ったところへ浮き玉パスをすると、トラップ、キックの時間が短くなります。

正確にボールをインサイドに当てるためには、インサイドで面を作ることです。
足首を固定して、膝を上げる。

キックで「面」を意識することはサッカー上達にかかせません。

膝を十分にあげないと、インサイドの面が上を向いてしまい、ライナーのボールが蹴れません。

↓図解です(クリックすると拡大します)