少年サッカーの試合で差がつくボールコントロールを親子や友達どうしで練習してみましょう。

この練習は相手をつけてボールコントロールをします。

友達と交互に練習します。

縦長のコートを作ります。幅は5mぐらい、長さは15m以上にしましょう。

外から親が浮玉を入れます。

青の選手がボールに触ったら緑がスタートします。

緑にボールを奪われないように、ラインゴールしてボールの頭をタッチします。

すぐに追いつかれるようでしたら、長さを長くします。

追いつかないようでしたら、ボールを投げたらスタートを切るようにします。

ウェッジ、クッションの両方でコントロールしてみましょう。

※ゴールがあれば、シュートにします。