向かってくる相手に向かうドリブルの練習【間合いとタイミングがポイント】

スポンサーリンク

マーカーやコーンを使ってジグザグドリブルをすることは、ボールタッチやステップワークの練習になります。
しかし、練習である程度できるようになったら、試合で使えるドリブルの練習をしてみましょう。

ドリブルはスペースを移動するだけでなく、相手が必ず寄ってくるので、間合いやタイミングを判断します。
相手を見てボールを運ぶ角度を変える必要があります。

簡単な練習です。親子でできますのでトライしてみてください。

親子が向かい合って立ちます。合図でお互いがすれ違うように進みます。
すれ違うタイミングで左右にドリブルでかわします。

↓図解です(クリックすると拡大します)

最初は歩くスピードから、徐々に距離を離してスピードをアップしていきます。
ボールだけでなく、相手の位置をしっかり見ることがポイントです。

顔をしっかり上げること。ルックアップです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました