試合では慌ててしまう相手ゴール前でのプレー。
シュートのトレーニングを紹介します。

ディフェンスは段階的にプレッシャーをかけていく

ボールを受けて、デフェンスが寄ってくる方向、速さ、距離を見ながら
シュートを打ちやすいスペースにボールを運びだしてシュートを打つ。

1 デフェンスはアプローチをかけますが、最初は軽く寄せるだけにします。

2 次にコースを切る、コースを限定する動きをいれます。

3 さらに、オフェンスがボールをタッチした瞬間に相手をゴールから遠ざける動きをします。

4 最終的にフルプレッシャーでボールを取りに行きます。

スペースを見つけてシュートを打つ!

オフェンスは、相手の裏のスペースでシュートを打ちやすい角度にボールを運び出します。
シュートしやすいスペースへ飛びだすことがポイントです。

スペースへの運び出しが遅れると、デフェンスに外側に追いやられます。
シュートコースが狭くなるので、ワンタッチで狭いスペースを活かすコントロールが大切です。

図解です(クリックすると拡大します)

ゴールキーパーをつけて試合に近い状況を作って練習しましょう。
ゴールをしっかり見る習慣をつけましょう。

レッツトライ!