2人1組になります。
最初のコーンまでは1mぐらいの間隔をおいて、ランニングします。
コーンを回ったら、後ろの選手を離すようにダッシュします。
また、ランニングに戻ります。
これを繰り返します。
一人でも緩急の走りは練習できますが、2人でやるとより実戦的に
なります。
後ろの相手にタッチされないようにするなど、バリエーションも増やせます。
ダッシュからランニングスピードに落とすことも大切です。