よい視野をとることは大切です。
味方を視野に入れることを意識してみましょう。
パスを受ける、パスを出す両方がお互いを見る事が大切です。
特にボールを受ける選手は、味方の視野に入ってからボールを
要求する事が大切です。
パスを出すには、味方の位置を確認して、足もとなのか
スペースなのか、右足か、左足か判断します。
味方を視野に入れる。味方の視野に入る。
首を振らなくてもよい体の向きに入れば、視野に入ると同時に、
パスを受けることができます。
体の方向と視野が一致させることは、ステップワークが必要です。
siyamikata.jpg