サッカーの基本練習でよく見られる対面のボールコントロール練習。
基礎練習としては悪くないのですが、ボールを返した後の姿勢に注目です。

ボールを返して、すぐに動けるフォームになっているか。
試合では、パスした後にすぐに走らなければなりません。

ボールを返したあとに立ち止まらずに動くクセをつけるための簡単な練習です。

ボールを受けたら、相手に返し、すぐにコーンにタッチするか、コーンをステップで周ります。

コーチ(親)は、「早く、早く」と声をかけて、中央に戻し、戻ったところを見計らってボールを放る。

この繰り返しです。

左右ともランダムに行うとよいでしょう。

また、コーンの位置も、真横だけでなく、やや前や、やや後ろなどに置いて走る場所を指示してもよいでしょう。
小学3年生ぐらいから始められる練習かと思います。

↓図解です(クリックすると拡大します)※浮き玉

↓図解です(クリックすると拡大します)※ゴロ

もっと実戦的なメニューが見たいという方はこちらの記事をどうぞ!
【まったく新しい蹴り方】パスの基本は正確にまっすぐにキックすること