サッカーのトレーニングに4対2というメニーがあります。

4人でボールを回し、中の2人がボールを奪いに行きます。
シンプルですが、奥の深いメニューです。

このトレーニングは、相手が来る、ボールを受ける、相手をかわす事が連続します。
サッカーの試合でも同じことが連続して起きます。

左から来る敵に対して右にファーストタッチで運ぼうとすると、敵はスピードを
いかしたままボールを奪いに来ます。
スペースが広い方へ展開するので、ある意味正解なのですが、相手に取られては
スペースへボールを持ちだす意味がありません。
しかし、**相手のスピードをいったんゼロにする**方法が左へボールをトラップする方法です。
相手の逆を取るわけです。
相手の逆を取れれば、スペースがそこで生まれます。
もともとあったスペースを活かすことと新しいスペースを作って、時間も作れる事が
できます。
gyakutoruhoukou.jpg
この場合は1対1なので相手の逆を取ったらすぐ相手の背後に回り込むように
ボールを運ぶことがコツです。
これは全てのドリブルに共通することです。相手の背後に「クイッ」と入りこむことで
並走されることが無くなります。
オプション
この練習メニューをピリオダイゼーション理論で行うと、パスミスしたオフェンスがグリッドの
外に取りに行って、デフェンスより先にボールを手にすれば勝ち。
また、オフェンスとしてボールが回せます。
パスミスした、相手に当てた、でもすぐに取り返しに行く。切り替えの速さが身に付きます。