インサイドターンは小さい子供たちがもっとも多く使うターンですね。
ターンが自由自在に使えると、ゲームの1対1の場面でも楽しくなります。

サッカーをもっと楽しむために、インサイドターンをしっかり身につけましょう。
ターンの原則としては、敵に取られない距離で、鋭くボールと体の向きを変えてスピードアップする事です。

しかし、このインサイドターンにも短所があります。

それは、相手にボールを見せてしまうという点です。

ボールを敵にさらすという事は、その瞬間に足を出されて取られてしまうこともあります。
お互いにインサイドで挟み合うという場面は少年サッカーによくあるパターンです。

このインサイドターンにもちょっとしたコツがあります。
画像では、右足のインサイドでターンをしますが、この時のボールの角度がポイントです。
鋭角に、敵から離れるようにボールをひっかけることがコツです。

↓図解です(クリックすると拡大します)