サッカーの走り方は陸上や野球と変る事はありません。

ストップアンドゴーや、方向転換が360度要求されるという事がサッカーの走りの
特徴と言えます。

前方に移動するスピードはサッカーでも必要な能力です。

このブログやメルマガでは、ラダートレーニングを奨めています。

足さばきが素早くなるように、頭脳と足を結びつけるトレーニングとして
ラダートレーニングは大変有効です。

しかし、速く走る練習はまた違うトレーニングが必要です。

前に移動するためには、足を素早く前に出す必要があります。

その時、膝が高く上がれば、より遠くへ足を着地することが出来ます。

マイクロハードルというトレーニンググッズがあります。

大人用は小学生には高さがありすぎるのですが、マイクロハードルの15センチタイプは
小学生向けです。

ファンゴールという販売店で購入できます。

このようなハードルです。

banner6.jpg軽量で、丈夫。引っ掛けても転ぶことはないでしょう。

広い場所でトレーニングしてくださいね。 


このマイクロハードルを使って、トレーニングするときには注意点があります。

 ↓ 図解ですクリックすると拡大します

microhadole.gif膝を高く上げるときに、膝を開いてしまってはスピードが逃げてしまいます。

膝は前方に突き出すようにして、やや絞り気味にあげた方がよいでしょう。

膝を高く上げたければ、腕も肘を曲げて後方に振るようにしましょう。

両足同時にジャンプするメニューもあります。コアトレーニングとしても効果的です。






城彰二 ゴールからの逆算


城彰二のリフティングは実戦的なリフティングだった



越智隼人の一人でもできるサッカー練習法、上達法


毎日30分のトレーニングで2ヶ月後には見違えるノウハウ



ピンポイント・キック!プログラム


阿部敏之がキックの基本を教えます。5年生~中学生向け。