サッカーのデフェンスでは、カバーリングというグループ戦術を使います。
**チャレンジアンドカバー**というデフェンスの考え方を、低学年から身につけたいものです。
ゲームではスイーパーを置かないで、相手フォワードと同数のデフェンスで戦うように
したいものです。
これは、自分達が抜かれたらシュートされてしまうという「アラート」な経験を積むことにもなります。
つまり、スイーパーがいると「甘え」が出てしまうという事です。
試合では負けるかも知れません。スイーパーを置けば失点しにくくなるでしょう。
でも、デフェンスは、最終ラインだけでするものではありません。
チャレンジアンドカバーを、トップでも中盤でもサイドでも行うことで、ボールを奪うことができるのです。