最近の試合で、ドリブルで突破する場面が増えて
いいなと感じていたのですが

先週末の試合ではちょっとよくない場面がありました。

それは、サポートです。

サッカーの攻撃では、味方のサポートがとても大切です。

ドリブルのサポートについて解説します。

ドリブルのサポートとは


ドリブルは個人プレーなのにサポートがいるのか?

という疑問もあるかもしれませんね。

サポートがあると「チーム」として有利になります。

例えば、ドリブラーが孤立しているのと
ドリブラーの横で、ドリブラーからのパスを要求しながら
走る選手がいる(サポートですね)のと

守る方としてはどちらが守りにくいでしょうか。

答えは明白ですね。

しかし、このように、パスを要求して「横」につくだけでは
ドリブルのサポートとしてはもったいないのです。

ドリブルのサポートは幅よりも深さ


ドリブルのサポートで大切なことは、横のサポートで
スペースを作ってあげることとともに

後ろで深さを作ること

が、大切です。

ドリブルをしていれば奪われることも多いものです。

奪って逆襲してくる相手チームから
素早くボールを奪う方法は

なんと言っても奪われたらすぐに奪い返すこと

に尽きます。

そのためには、影武者のようにドリブラーの背後に「近づき」ながら
奪われた時に奪い返すことを狙うことが大切です。

やってみるとわかりますが、小学校低学年から高学年まで
どの学年でも有効なサポートです。

ボールを持っている味方に近づくサポートです。

ドリブルサポートのイメージ


ドリブルサポートのイメージ画像です。



ドリブルしている味方が相手ディフェンスに引っかかったと思ったら
すぐにボールを奪い返し、相手の裏に飛び出すこと。

相手が自分のボールとして安定して持ち直す前に奪うことです。

タイミングとしては、相手に触ったな、という瞬間に奪い返すくらい
間髪入れずに行くことです。

パスのサポートは逆に「近づかない」事が大切


パスをつなぐ場合はボールを持っている味方から離れることで
よいポジションを取れるので、近づきません。

次回、説明しますね。