【離れてサポート】パスをつないで攻めるためのサポート

ドリブルしている味方に対してパスコースを作ってサポートする方法を考えてみましょう。

ドリブラーへのサポートというと「逃げ」というイメージがあるかも知れません。

ボールを奪われないためのサポートは「逃げ」ではなく、「攻め」つまり「攻撃です」
しっかりサポートしてボールを運びましょう。

相手ゴールに向かってボールを運ぶことが「攻撃」です」!

パスコースを作ってサポートする方法

攻撃のイメージを見てみましょう。

相手ゴールに向かってドリブルしています。

相手チームのディフェンスが寄ってきました。(赤)

さて、青の味方はどのようなサポートをすればよいでしょうか。

サポートで幅と深さを作る

このドリブラーに対するサポートを考えてみます。

前、横、後ろ。2人がサポートするならどれでしょうか。

まず、横からのサポートが思い浮かぶでしょう。

相手ディフェンスからボールを遠ざけるためには、右サイドでのサポートがいいですね。

前はどうでしょうか。

ディフェンスラインでボールを受けるということは「サポート?」でしょうか。

いやいや、それはサポートではないですね。
パスも難しいものになります。

横パスのコースを切られたら・・・・
後ろしかありませんね。

これが「深さ」です。

三角形を作ってサポートする

2人でサポートすると、ボールを持っている選手を含めて

三角形が出来ました。

この時、相手ディフェンスは横パスを警戒しますね。
ドリブラーへプレッシャーを与えつつ、パスも警戒する。

ここでは相手ディフェンスが2人ですが、もっと増やさないと対応出来ません。

相手ディフェンスが増えるということは、選手が前線から戻ることになります。
相手チームがいろいろと判断しなければならなくなるわけですね。

サポートというボールを持っていない人の動きで、相手チームを撹乱出来るなら
どんどん動くべきです。

サポートのコツ

ここで、サポートで大切なことを整理します。

1 仕掛けること

ボールを持ったら相手ゴールに向かって仕掛ける事が一番大事です。
相手ディフェンスを動かすためにはゴールに向かうことが必要です。

キープする気だな、と読まれてはいけません。
相手ゴールに本気で向かうから、サポートが活きてきます。

2 ポジショニング

ボールを持っている味方に対して、近づき過ぎてもダメ
遠すぎてもダメです。

ポジショニング、位置取り、距離を調節することが大切です。

3 意識と気づき

サポートが必要な場面であることを判断することが大切です。
味方がボールを持っている時には常にサポートを心がけることです。

まとめ

サッカーを始めたばかりの小学生の頃には、味方からボールをもらいたい一心で味方に近づくことが多いものです。

これは実はサポートとは言わないのですね。

近づくことで、相手ディフェンスは守り安くなりますし、カットしやすくなります。

ここを我慢して、ボールを持っている味方から「離れること」を覚えるとサッカーが上達します!

パスで攻撃するなら、味方から離れること。

ドリブルで攻撃するなら、味方の後ろにつくこと。

これがポイントです。

レッツトライ!