少年サッカーで大事なトラップを身につける時に、クッションコントロールとウェッジコントロールの2種類があることを子供たちに知って欲しいです。

そして、クッションコントロールとウェッジコントロールの使い分けが出来るように練習しましょう。

ウェッジコントロールではボールにタッチする面をしっかり作ることが大切です。

この図ではインサイドですが、アウトサイド、ソールでも同じです。

インサイドか足裏(ソール)でトラップするのが確実です。

逆回転をかけることで、自分から遠い位置にトラップしても自分に戻ってくることも出来ます。

ボールの性質もこの練習で学びましょう!