デフェンスの場面では、ボールを奪いに行く人とカバーリングをする人が必要です。
ボールに一番近い人がボールを奪いに行きます。

もし、かわされてしまった時に備えてカバーに入ります。

カバーに入るためには、走って戻らなければならない場面があります。
このような場面です。

図解で説明します。

図1

図2

図3

図4