ドリブルドリルを練習してボールタッチがよくなったら
相手をつけて練習しましょう。

その時、ドリブルやターンで使う足がポイントになります。
基本中の基本は、相手から遠い足でボールを扱うことです。

そのために、両足が使えることが基本です。

相手が右にいれば左足、左にいれば右足。
どちらにターンしても、相手とボールの間に自分のカラダがあれば
ボールを取られにくくなります。

簡単な動画を作ってみました。

コーチがボールをだして、2人で取りに行きます。
このとき、すでにボールと相手の間にカラダを入れることがポイントです。

ボールに追いついたらドリブルでボールを動かし、相手の逆を
とるためにターンを入れます。

ゴールは2個あるので、どちらにゴールしてもかまいません。
ドリブル通過で「勝ち」です。

なるべく時間をかけず勝負をつけること、ボールを動かし続けることが
ポイントです。