サッカーでは「またぐ」というプレーが多いですね。
シザースフェイント、ターンオーバーフェイントなどのフェイントのほか、ターンもアウトサイドターンという非常に実戦では有効なターンの方法があります。

ボールを扱いながら、足を交差させるという事は小さい子供にとってはちょっと難しい面もありますね。

5、6年生でも、右側へのステップや右回転は得意でも、左側へのステップや左回転が苦手のままという子供もいるのではないでしょうか。

そのような子どもたちも、もう一度ステップワークを見直してみましょう。
急がば回れです。

ボールを使わないで、次のようなトレーニングをします。
マーカーを並べて、マーカーの外側に外またぎでステップします。

次にマーカーと足の間に内側の足を入れます。
その内側の足を、次のマーカーの外側にステップします。

ステップと表現していますが、「踏み込むイメージ」を持って下さい。
マーカーの真横に踏み込み、一瞬ですが、両足が揃った状態をマーカーの真横で作ります。

そこから、瞬間的に次のマーカーに向かって踏みだします。

↓図解です(クリックすると拡大します)