サッカーでは連動した動きが、相手を困らせます。

デフェンスラインから、シュートへのイメージの共有が大切です。

成功させるためには、ボールを持っている子だでなく、
直接ボールを受けられる子や
間接的にかかわることのできる子が連動する事です。

この場合、センターバックからサイドバックに横パス、
そのボールが動いているときに中盤の選手がボールを
受けに行く。

サイドには、パスを引き出そうという動きがあり、
センターバックにいた子も左サイドから攻め上がる。

サイドバックにいた子まで上がってしまうと厚みが無くなるので
カウンターに備える。

フォーメーション練習を重ねれば出来る動きですが
2人が連動することで、3人目の動きを引き出す事は
11人制サッカー、8人制サッカーそれぞれの

局面

です。

コンビネーションの最小単位は2人です。
常に2人がかかわっていくと、3人目のかかわりが生まれることでしょう。