サッカーのファーストタッチの大切さはいうまでもありませんね。
パスを受けて、次のプレーがしやすい位置にボールをコントロールする事。

次のプレーを考えて、相手の位置を見て、相手に取られない位置にボールをコントロールする事。
ファーストタッチには大切なポイントがいくつかあります。

少年サッカーの練習の現場を見たり、試合を見ると、ファーストタッチが小さい事がよくあります。

相手に取られたくないから足下にボールを置く。
相手に取られない場所は自分の足下ばかりとは限りません。

相手にはちょっと遠いけど、自分は届く位置でしかも攻撃を狙える場所。
周りをよくみていればそんなお宝のようなスペースを発見できるかも知れません。

ここでは、大きめのファーストタッチの練習をします。

グリッドを作って、左右にもグリッドをつくりますが、それぞれ3mぐらいのグリッドにします。
真ん中でボールを受けてワンタッチで左右のグリッド内に入り、そこから2タッチ目でパスを戻します。

↓図解です(クリックすると拡大します)

身体ごと思い切ってスペースに入りましょう。
右への移動は左足のインサイドの面で、左は逆。これを基本にやってみましょう。

ボールがグリッドからでたら「トラップ大きい」という事になります。
2m以内でよいファーストタッチができるようになりましょう。