サッカーの試合では、いつもいいパスが来るとは限りませんね。
特に、攻撃方向とマイナスにパスが来ると致命傷って場面があります。

それでも、相手に奪われないように先に触る努力は必要です。

パスミスをパスミスにしないで、コントロール出来るようにすることも大切です。

図解で示しますね。

(1)パスをよく見る

(2)ボールが動いている時にスペースを作っておく

(3)パスがそれた時にやりがちな動き

(4)ここで大切なステップは「バックステップ」です。

(5)視野を確保しながら下がる

(6)ボールばかり見ない。逆方向も見ておく

図はクリックすると拡大します。

この動きはとてもシンプルな動きです。小学3年生くらいでも身につけることが可能です。
この動きが出来ると出来ないとでは全然違います。

サッカーらしい動きです。トレーニングで身につけてください。