ワールドカップの守備を見ていると、守るという意識よりも奪って攻めるという意識を感じますよね。
少年サッカーでも、「奪っておしまい」という守備でなく攻撃に移るための守備を学びましょう。

守備の優先順位は次の通り。それぞれのトレーニング方法を紹介します。

1 インターセプト
奪ったらすぐに攻撃に移れる理想のディフェンス。

2 コントロールの瞬間
インターセプトが出来なかったらコントロールの瞬間を狙う。
しっかり体を入れてボールを奪おう。

3 振り向かせない
ボールコントロールが上手い選手の場合は飛び込まないが、前を向かせないようにプレッシャーをかける。

4 前を向いた相手への対応
前を向かせてしまったらゴールに向かわせないこと、スピードに乗せないこと。
抜かれないようにしよう。