サッカーでは1対1の場面が必ずあります。
攻撃の1対1を考えてみましょう。
デフェンスのアプローチが鋭い場合は、1対1にするつもりは無くても1対1に
なってしまうことがあります。
自分にパスが来る、ボールが移動している時に、攻撃方向を見ておくこと
つまり、視野を確保することで、主導権を握る事ができます。
視野を確保しないで、ボールばかり見ていると、トラップした瞬間に相手が迫っていて
慌ててしまうことになります。
トラップミスをするかも知れません。うまくトラップできても、相手をかわす時間がないかも
知れません。
自分にパスが来る、ボールが移動しているときに攻撃方向を見ること、ボールから
いったん目を離す事ができることが、サッカーの個人スキルのひとつの基準ではないかと
思っています。
無駄な1対1は、視野を確保することで避けることができる。
次の動画でイメージをつかんで下さい。

迫ってくる相手をかわすためには、ファーストタッチ、ドリブルの自信が必要です。
トラップから、ドリブル、パスまでの動きをこのプログラムで身につけよう。
ボール扱いに自信が付きます。
「前園流ドリブルマスタープログラム」
通常DVD3枚 特典DVD1枚
詳しくはこちらから
>>[http://www.zono6.com/ka1](http://www.zono6.com/ka1)