パスワークから**スピードの変化**で敵を置き去りにしてシュートをします。
ボールの受け手の動きが重要になります。
後ろからのボールに対し、シュートしやすい受け方をするために、スピードアップします。
止まった状態から**スピードアップ**、前へ出る動きからバックステップでスピードアップ、
下がりながら前へダッシュなど、ボールの受け方を工夫しますが
目的は「スピードアップ」です。
ポイントは
– ボールを受けたら振り向いてシュート
– 少ないタッチでシュート
– シュートしやすい位置にボールをコントロール
– フェイク(チェック)の動きを入れてボールを受ける
– プルアウェイの動きを入れてボールを受ける
味方が動いている時に、どのタイミングでパスを出せばよいか、ボールをパスする側も
ボールスピードや受けやすい場所を意識してパスをする。
ボールの受け手は、相手の逆を取ることを意識します。逆をとったら**スピードアップ**です。
図解です(クリックすると拡大します)