アジリティ

スポンサーリンク
アジリティ

マイクロハードルで膝を高く上げて走ろう

サッカーの走り方は陸上や野球と変る事はありません。 ストップアンドゴーや、方向転換が360度要求されるという事がサッカーの走りの 特徴と言えます。 前方に移動するスピードはサッカーでも必要な能力です。 このブログやメルマ...
アジリティ

バッククロスステップで走ろう【前に走るのと同じスピードで走れるようになろう】

サッカーでは、相手ゴール方向だけでなく自分のゴール方向へ向かって走る事も多いものです。 その時、相手ゴールに背中を向けて走っていると、前方の状況がわからなくなる時があります。 ボールも見たい、相手も見たい、でも戻らなければならない。...
アジリティ

へそを見せない鬼ごっこ【鬼に背中を見せ続ける→ボールキープ能力のアップ】

鬼ごっこです。 ボールを持たないで鬼ごっこをします。 基本ルールは以前に紹介したへそタッチ鬼ごっこと同じですが、鬼と向かい合わないようにします。 鬼にへそを見せない、見せても一瞬ならOKですが、向かい合って左右どちらかにかわすとい...
アジリティ

身体をぶつける、身体を入れる基本トレーニング【親子でも出来る!】

ボールに先に触る事も大切ですが、ボールを先に触らせない事も大切です。 相手とボールの間に身体を入れて、相手がボールを触れない状態にしてから自分がボールを触る。 ボディコンタクト、コンタクトスキルのトレーニングです。 身体をぶつ...
アジリティ

へそを守る鬼ごっこ【相手の距離を感じて体の向きを変える駆け引きを身につける】

鬼ごっこの動きには、サッカーの動きに似ているものが多くあります。 ここでは、単に体に触れて鬼になるのではなく、「へそ」つまり「腹部」にタッチしなければつかまえたことにならないというルールで鬼ごっこをします。 親子でできますのでト...
アジリティ

バックステップで対応しよう!デフェンスのステップワーク【間隔を保ちながら】

アジリティ、ボディバランス、ステップワークの練習です。 サッカーのデフェンスでは足が揃ったら負けというセオリーがあります。 必ず前後に足を開くこと。 そうする事で、前後左右への移動がスムーズになります。 相手はデフェンス...
アジリティ

シザースステップをマスターしよう【ボール無しのトレーニング方法】

アウトサイドキックをする時、アウトサイドでドリブルする時、ボールと身体が同じタイミングで移動することがポイントです。 足だけ先に行って、身体が遅れることがよくあります。 アウトサイド、上半身、ボールが同時にすばやく移動できるようにシザー...
アジリティ

変化をつけたステップワークからダッシュ【自由自在に歩幅を変える】

この記事ではサッカーのボディバランストレーニングにおいて、「ステップワークトレーニングをアジリティトレーニング」と表現しています。 SAQトレーニングなどアジリティトレーニングにはいくつものメニューがあります。 ここでは、マーカーや...
アジリティ

大繩とびでトレーニング【タイミングと動き出しが身につく!】

大繩とびをやったことのある人は多いでしょう。 どうですか。一人でやる縄跳びとは勝手が違いますね。 縄の回転を見て、飛びこむタイミングをはかって、ジャンプする。 足をひっかけない方法はジャンプ力でなく、縄を見ることですよね。 ...
アジリティ

アウトサイドシザースステップのトレーニング【しっかり踏み込むのがコツ】

サッカーでは「またぐ」というプレーが多いですね。 シザースフェイント、ターンオーバーフェイントなどのフェイントのほか、ターンもアウトサイドターンという非常に実戦では有効なターンの方法があります。 ボールを扱いながら、足を交差させると...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました