ボールを奪う時は、利き足でボールを突く場面が多いものです。こうして、インサイドで止める場面をよく見ます。

相手が持っているボールを突つくチャンスがあったらボールはどこへ転がりますか?
相手の後ろへ転がりますよね。

素早く体を入れられればマイボールにできますが、ボールには相手の方が近いです。
場面によってはこういう取り方をぜひ身につけて欲しいです。

ステップは難しくなります、タイミングも難しいです。でも、この取り方は、相手はボールを触れません。
取った瞬間にマイボールです。

でも、取った状態は、相手ゴールに背を向けているので、テクニックでターンにトライしましょう。
ステップオーバーなどのフェイントを入れてね。

このような動きを身につけるにはコーディネーショントレーニングの変換能力が必要です。

この記事を参考にしてください
>>三木利章コーチのドリブルドリルの効果と他の練習方法との違いとは