サッカーのプレーでよく言われる言葉として

「緩急をつけたプレーをしよう」

というものがありますね。

パスした後の動きや、ドリブルで相手を抜く時の動きなど、
スピードアップして、相手を置き去りにする時に効果的です。

緩急の緩とは、ゆっくり~普通の早さ、急は「加速」「トップスピード」
という事になります。

緩急をつけるためには足が速く無ければ意味が無いのでしょうか?
足が速いに越したことはありませんが、足が速くても「緩」の部分が
出来ていないと、相手を外すことはできません。

つまり、足が速くなくても、「緩急をつけたプレー」ができるという事です。

ドリブルで、緩急をつけて相手を抜くというプレーの動画を
ご覧ください。
前園選手が、緩から急にスピードアップするときに
どのような動きをしているかつかみとってください。





この動画は「前園流ドリブルマスタープログラム」通常DVD3枚 特典DVD1枚
詳しくはこちらから
>>http://www.zono6.com/ka1

細かい解説で、ドリブルの動きや相手を抜く動きをマスターする事ができます。

ポイントについては、メルマガでも触れていますのでぜひ購読してくださいね。