シュート練習の方法と試合での動きについて(フォワード必見)

スポンサーリンク

サッカーで得点するためには、ゴールにシュートしなければなりません。
流れから崩してのシュート、セットプレーからのシュート、カウンターからのシュートなど
ペナルティエリアに近づく方法、ゴールへボールを入れる方法はいろいろあります。

ここでは、シュート練習の方法と試合で「得点」するための動きについて考えてみます。

シュート練習の基本練習

小学生の場合、ゴールの幅が5m、高さが2mということもあり
クロスバー下を狙うことで、得点になる場面が多いですね。

しかし、クロスバーの上を超えてしまっては得点はおろか、ゴールキーパーが
ファンブルして、こぼれ球を拾うことも出来ません。

なので、高さのコントロールはやはりゴールキーパーの肩口から足もとの範囲でしょう。
特に、グラウンダーの強いボールはゴールキーパーがファンブルする可能性が大きいです。

こぼれ球を押し込むというプレーは少年サッカーならではの徹底したいプレーだと
言えるでしょう。

ゴールに対してペナルティアークの左右の位置に立ち、ボールを少しだけ転がして
踏み込んでシュートを打つ。

これが、シュートの基本練習です。

止まったボールをペナルティキックやフリーキックのように蹴るのではなく、コロコロと
1mほど転がして踏み込んで蹴ること。

高さのコントロール、ファーサイド、ニアサイドのネットを狙って蹴る。
インステップでしっかりとボールをとらえ、インパクトしたあともアゴを引いたままに
なるように、ボールを注視する。

ゴールの枠は頭の中のイメージ。ボールを頭の中のゴールに向かって蹴る。

繰り返し練習で、得意なコース、得意なポイントがつかめるといいですね。

点で合わせるシュートは、ボールなしでの動きがポイントになります。

次の記事で動きの中からの得点について解説しますね。

あの森島さんが監修した「森島流ゴール量産方法(私が勝手に名づけました)」を入手しました。
ゴール前へ入る「コース」を解説する作戦ボードの画像です。

森島ゴール

公式サイトはこちら
Mr.セレッソ”森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の「点取り屋」になるための3つの方法~DVD

ボールを転がしてのシュート練習は、森島さんも実際に指導している練習方法です。
パスでもクリアーでもない、シュートというキックの技術をぜひ自分のものにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました