グループ戦術

スポンサーリンク
グループ戦術

サッカーの攻守の切り替え3対3プラスサーバー

ジュニアサッカーの練習方法のひとつ、3対2プラスサーバーという練習方法です。攻撃側はパスアンドゴーの練習になります。パスを出した後に止まってしまう選手がいる場合は効果的です。 全体的には、攻撃から守備、守備から攻撃への切り替えの練習に...
グループ戦術

サッカーのパス練習で4対1と3対1の違いについて考えてみる

チーム選手の個性に合わせた練習メニューづくり 新年度に入って、新チームの練習メニューづくりをしています。 去年のメンバーと今年のメンバーでは、身体能力や経験年数も違うので 毎年、チームメンバーに合った練習方法を考えています。 ...
グループ戦術

5対2のトレーニングを工夫してみる【ギャップでパスを受ける動き】

ジュニアサッカーから、大人のサッカーまでほとんどのチームで5対2の練習メニューを取り入れているのではないでしょうか。 また、皆さんも練習の経験があると思います。 普通の5対2は中央のディフェンスのギャップを通すというものですがギャッ...
グループ戦術

ゲームでの視野、遠くを見よう

サッカーは見て判断することの連続ですが、目の前の相手、身近な味方ばかり見ていてはゲームが小さくなってしまいます。 ゲームを大きく展開するためには、マッチアップしている相手の先にいるグループまで見ることが大切です。 お互いにマッチ...
グループ戦術

パスレシーブからドリブル突破の実践的な練習方法

味方からのパスを受けて、パスかドリブルかを選択し、ゴールに向かう。 サッカーの攻撃はシンプルです。 でも、そこに必要な技術が「正確」なことが絶対条件です。 パスの長さ、スピード。トラップする足、状況判断。 相手とボールを見て次の...
グループ戦術

デフェンスはカバーリングする走りが大切【しっかり戻ってチャレンジ&カバー】

デフェンスの場面では、ボールを奪いに行く人とカバーリングをする人が必要です。 ボールに一番近い人がボールを奪いに行きます。 もし、かわされてしまった時に備えてカバーに入ります。 カバーに入るためには、走って戻らなければならない...
グループ戦術

デフェンスの基本は戻ることから【奪われた瞬間に戻ろう!特にサイドの選手】

サッカーでは攻撃方向への走りだけでなく デフェンスをするために戻る走りも重要ですね。 メルマガの今月のテーマは ・ペナルティエリアに入り込む ・ペナルティエリアに入らせない というものです。 ペナルティエリアに入らせないためには...
グループ戦術

パス&コントロールの効率的な練習

パスは正確さが最も重要です。 さらに、パスの目的も大切になってきます。 強い縦パスなのか、味方へのやさしいよこパスなのか。 【少年サッカー】元Jリーガー9名!全く才能が無い子でも一流選手になるための唯一の方法 この練習メニューから抜粋して紹...
グループ戦術

連動して動く、ミニゲームでの練習

サッカーでは連動した動きが、相手を困らせます。 デフェンスラインから、シュートへのイメージの共有が大切です。 成功させるためには、ボールを持っている子だでなく、 直接ボールを受けられる子や 間接的にかかわることのできる子が連...
グループ戦術

縦パスを意識したミニゲーム【2対2対2のチーム練習メニュー】シュートを打とう

今月のトレーニングテーマは「動きながらワンタッチパスする」でした。 仕上げとして、ゲームをしてみましょう。 2対2+2という仕組みです。 フィールドの中は2対2です。 得点するためには、ゴールの両脇にいるフリーマンに縦パスを...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました