横パスを受けて前へ動き出す。
サッカーの試合ではよく見られる場面です。

試合で多く見られる動きを練習することは、効果的な練習です。
理にかなった練習と言えるでしょう。

ここでは、相手デフェンスが前にいることを想定して、フェイントを入れていますが
難しいと感じる場合は、フェイントを入れずに、思ったところにボールを置けるように
練習しましょう。

この動画の続きでは、インサイドで受ける場合の「脚」の使い方(足ではないですよ)が紹介されています。

川島和彦理論をご存知の方は、あれかも?と気づくかも知れませんが、ご存知ない方は
公式サイトをご覧下さい。

>>わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの『ドリブル基礎トレーニング 初級編』

ボールを受けたらまず前に進めないかどうかを判断すること。
ボールを受ける前に前を見ておくこと。

この2つは大事な判断です。
サッカーセンスはこんな部分に現れますよ。

スポンサードリンク