エリアゴールを使った1対1の練習のバリエーションです。

デフェンスからのボールをもらって攻撃をしかける時、オフェンスはボールと相手を同一視野で見ることができます。

これはデフェンスも同じです。

タッチラインからコーチがボールを出します。こうすることでボールと相手の角度が広くなります。
また、コーチはボールを出す時に3パターンを考えて出します。

1 オフェンスの足もとへ強く

2 オフェンスが2,3歩ダッシュしてトラップする位置へ

3 デフェンスとぎりぎりクロスするような位置へ弱く

ボールのスピードと出された場所で判断が必要になります。
そして、ファーストタッチで相手の逆をとって、時間をかけずにエリアへ。

coachbollmatch

選手は、コーチがどんなボールを蹴るのかボールを集中して見なければなりません。
そして、相手との中間地点に出された時には、勇気を持って先に触るという気持ちが大切になりますので、相手の位置をしっかり確認しましょう。

1対1はフィジカルの勝負になります。
脚力が弱いなあという選手には、こちらのサイトで脚力のトレーニング方法を見て下さい。

>>サッカー 脚力トレーニングの方法

ポイントは股関節です。

スポンサーリンク