サッカーでは、サイド攻撃が有効という事は、センタリングやクロスという言葉、コーナーキックというルールからもわかりますね。
サイドからの攻撃は怖いとも言えるし、怖くないとも言えます。

中央突破に比べれば、シュートの角度が狭くなるので直接的な怖さはないでしょう。
でも、デフェンダーにとってみれば、サイドにあるボールを見て、背後から入ってくる相手をマークすることは難しいことなのです。

ゴール前をボールが横切るという現象だけでも、デフェンスは嫌なものです。
そんな有効なサイド攻撃ですが、パス攻撃だけでなく、ドリブル突破でサイドを破って見ませんか。

1対1で相手のサイドバックと勝負してみましょう。

たとえ、そこで相手に奪われても、後にバックアップ部隊がいれば取り返すことが可能です。
サイドの点線で囲まれた部分は、攻撃側から一番遠い場所になります。

1対1で突破して、ペナルティエリアのサイドへ侵入してみましょう。

↓ 図解ですクリックすると拡大します