ボールコントロールのトレーニングです。
試合では、ボールを受けた瞬間に相手に足を出されるという事があります。

トラップの瞬間を狙ってボールを奪うというデフェンスはセオリーなので、トラップの瞬間が一番奪われやすいといえるでしょう。

ボールを受ける側が主導権を握って相手をかわすためには、ボールをずらすトラップを身につけましょう。

ボールと一緒に身体もずらします。

練習方法としては、マーカーを50センチ程度の間隔に置きます。
ボールを出してもらい、右足のインサイドを使って左へ身体ごとステップします。

これは、敵が右側から寄ってきている時のずらしです。
敵が左側から寄ってきたら、左足で右にずらします。
親子でもできる練習なので、左右スムーズに移動できるようにトレーニングしましょう。

yokozurasi

ポイント

下半身を振り子のように使うスライド方法は、ひとりで行うことが出来ます。

ドリブルドリルのひとつとして、マーカーの端から端にボールをインサイドで引きずりながらスライドする練習を左右におこないます。

 

ドリブルドリルのトレーニング方法について詳しくはコチラをご覧ください。

>>わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾

ファンゴールの練習グッズ

練習用マーカー

フラットマーカー

コーンもこのサイズで十分
ミニコーン

壁打ち練習ならひとりでもずらしトラップが出来ます!
壁打ちリバウンダー