サッカーの試合を観ていると、ワンツーパスが決まるととてもカッコイイですね。
ワンツーパス、(壁パスとも言われますが)、このトレーニング方法はどうすればよいのでしょうか。

まず、ボールをタイミングよくパスすること、壁になる選手は、止まったままでなく、ボールを受ける地点に走りこんで壁になると、成功率が高くなります。

ボールを受ける時には、ボールの速さに合わせてステップワークを変えて走るスピードを調節すること。

ボールを蹴る強さの調節、走る速さの調節が必要になります。
パスの練習だけでは「ワンツーパス」はなかなか身につかないという事ですね。

動画で説明します。



青の選手のトレーニングですが、赤の選手もコーンで三角に作ったスペースにタイミングよく走りこんで、パスを出したら、止まらずに、青の選手を追い越す動きをすると効果的です。

このトレーニング方法をさらに実戦的に分かりやすくしたものが、DVD化されています。
詳しくはコチラをごらんください。

>>サッカー選手/フットサル選手のためのSPEED・AGILITY・ COORDINATION トレーニング