小学1年生から中学3年生まで、基本の「キ」からトレーニングしましょう。

2人1組みで向かいあってパスを繰り返す練習がありますが、それはパスの練習ではなく、止めること、蹴ることの練習です。

サッカーでは、お互いに向かい合ってパスを出す場面は少ないです。
大人のサッカーで、ディフェンスラインからボランチに当てて、そのまま戻すなど、クサビとしてのパスぐらいでしょうか。

動きながらのパス練習の前に、3人が集まったら、このような角度をつけたパス練習をしてみましょう。

3ninball

右まわり、左まわり両方を行いますが、2タッチで行います。
右回りの時は、左のインでコントロール、右のインでキックか右のアウトでコントロール、右のインでキック。

試合で「ありえる」方法で、止める、蹴るを繰り返します。

どうしても苦手な足が上達しない・・・そんな時は利き足をしっかりトレーニングしてみましょう。

こういう考え方があります。
得意な足を作ってから、もう一方の足をトレーニングする。

サッカーで大切なボール感覚を身につけるには、近道とも言えます。

>>サッカーテクニック向上メソッド

実戦で通用する技術を身につけましょう!

スポンサードリンク